医師紹介

中島健太郎

ロサンゼルス在住のサイコロジストです。
患者様の人生をよりよく豊かにするために科学に基づいた治療を行っています。
子供から大人に至るまで、ソーシャルスキルの問題、情動的問題、不適応行動などを10年以上にわたって取り扱ってきています。
認知行動療法を用いた豊富な経験の中で、生活環境の変化や人間関係などから生じる鬱、不安、怒り、トラウマなどのさまざまな症状を扱い、さらには集中欠落多動性障害、家庭や学校内での行動問題なども専門としています。

アメリカの認知行動療法学会より“Outstanding Training Program Award”という、卓越した教育プログラムに与えられる賞を受賞したニューヨークのホフストラ大学の臨床と学校心理学の複合課程“ Combined Clinical & School Psychology Program”を卒業し、Ph.Dの博士号を取得。
在学中は、「怒り」の研究の第一人者で、アメリカ専門心理学委員会 (ABPP: American Board of Professional Psychology)の認知行動療法の会長も務めたことのあるHoward Kassinove博士の下で博士論文を執筆すると共に数多くの経験を積む。
国際連合(United Nations)でメンタルヘルスの「スティグマ(Stigma)」について発表するなどの経歴を持つ。